QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

42:アパルトヘイトの核心部ソウェト・・・~南部アフリカで乗り物三昧の旅

ツアーはダウンタウンを離れ、ソウェト地区へ入ります。


42-1
South West Town Shipを意味するSOWETO、Town Ship:タウンシップとは、(旧)黒人居住区のことで、政府によって強制的に一区画に閉じ込められた黒人の住居がひしめき合う地区です。


42-2
そんなソウェトも、今では観光地ですね。


42-3
ソウェトにはバラック建築の低所得層の住居もありますが、どう考えても我が国なら高級住宅街という感じの住居のならぶ地域もあります。


42-5
ソウェトの保育園にて、ドイツからの観光客が、ドイツ語で子供に話しかけています。


42-4
おやつの時間なのか、お菓子袋をもった保育園児を羨ましそうに見つめる観光客の子供です。


42-7
観光客にポーズをとる保育園の先生です。


42-8
子供はポーズをとらなくても、シャッター音のあらしです。


42-9
低所得者の居住区域の典型的住居です。


42-6
政府の援助で建てられた、独立したトイレルームが庭にあります。以前はトイレもなく、庭などで用を足し衛生的に劣悪な環境だったといいます。


42-10
ソウェト地区の一角にアパルトヘイトと非暴力で戦ったネルソン・マンデラ氏の住居だった家があり、近くには記念館が置かれています。入り口には、アパルトヘイトと戦ってきたネルソン・マンデラ氏の言葉が刻まれた記念碑があります。


42-12
1976年6月16日、デモを行った有色人種に対し、南アフリカ軍隊は初めて銃を向け、それをきっかけに大規模な衝突が起きました。原因は有色人種にも白人の言語アフリカーンスの使用を強要したことによるものでした。この写真は最初の犠牲者13歳の少年を撮影したもの。この地に記念館があります。アパルトヘイトはつい昨日までおこっていた出来事なのです。


42-11
残念ながら、ネルソン・マンデラ氏の住居や記念館は撮影禁止。観光後は路上のお土産屋をひやかします。
関連記事
  1. 2016/07/22(金) 08:18:55|
  2. 南部アフリカで乗り物三昧の旅
  3. | コメント:0
<<41:ヨハネスブルクの市内へ・・・~南部アフリカで乗り物三昧の旅 | ホーム | 43:ゴールドリーフ・シティー~南部アフリカで乗り物三昧の旅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (222)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (202)
越後線・弥彦線 (72)
民鉄・三セク (20)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (11)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (27)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (122)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
過去のトップページ (7)
山陰本線 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数