QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

28:ブルートレインのディナー~南部アフリカで乗り物三昧の旅

この日の「ブルートレイン」は始発駅のプレトリアを2時間ほど遅れて出発したので、途中のキンバリーで予定されていたエクスカージョン(途中駅での停車時間を使って行われる小旅行)がキャンセルされてしまいました。

そして、そのキンバリー停車中に、ディナーが始まりました。

前菜には、ゴート・チーズをグラタンしたサラダ、スプリングボック・ロイン(腰肉)のスライス、スープが用意されていましたが、メインの料理にロブスターを見つけ、これを”アペタイザー・ポーション”にしてもらい、ファースト・コースに。


28-2
ロブスターを背開きにしてグリルし、奥にはSavoury Rice(野菜の入ったピラフ)が載っています。


28-1
合わせるワインはステレンボッシュ地区のAmaniワイナリーの2004年産シャルドネ。


28-4
メイン・コースはオーストリッチ(ダチョウ)のフィレ・ステーキ、カベルネ・ソース。レアで焼いていただきましたが、柔らかくジューシー。
メイン・コースはこの他に、前述のロブスターとサーモンのグリルがメニューに載っています。


28-3
ワインは赤にスイッチです。ウォーターフォード・ワイナリーの、もちろん、カベルネ・ソービニオン。2004年産です。


28-5
この後、チーズをいただきました。南アフリカ産のチーズですが、まぁ、世界各国のコピーですかね。


28-6
辛いチーズもあったので、デザート・ワインをいただきました。酒精強化していない(製造過程で蒸留酒を加えていない)ナチュラル・デザート・ワインです。マスカットとフロンティニヤンという品種から製造しています。


28-7
最後のデザートは、「ザ・ブルートレイン・スペシャル」と名付けられた皿です。中央はパンナコッタで、周囲はフルーツやソース、生クリームで飾られています。
これで、ディナーは終了。


28-8
夕食を終えてキャビンに戻ると、ベッド・メイクが・・・。

次回は朝食の様子を・・・
関連記事
  1. 2016/07/22(金) 08:37:30|
  2. 南部アフリカで乗り物三昧の旅
  3. | コメント:0
<<27:ブルートレインのパブリック・ルーム カンファレンスカー~南部アフリカで乗り物三昧の旅 | ホーム | 29:ブルートレインの朝食~南部アフリカで乗り物三昧の旅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (222)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (203)
越後線・弥彦線 (72)
民鉄・三セク (20)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (11)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (27)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (122)
木次線 (4)
山陰本線 (30)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
アンデス中央鉄道とペルー鉄道の旅 (34)
過去のトップページ (8)
英国と中東で乗り物三昧の旅 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数