QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

10:ヴィクトリア・フォールズ駅にて~南部アフリカで乗り物三昧の旅

当時、ジンバブエには首都ハラレやブラワヨなどを中心に数路線の旅客鉄道が運行されていました。ヴィクトリア・フォールズへはブラワヨから夜行列車が運行されていました。

ジンバブエの経済状態は最悪、現地通貨のジンバブエ・ドルはハイパー・インフレが続き、100000000000000(百兆)ジンバブエ・ドル札(邦貨25円ほど)が発行されるなどの混乱をへて、自国通貨を放棄、アメリカ・ドルや南アフリカ・ランドが流通していました。

こんな状態なので、鉄道も荒廃し、ブラワヨを昨晩7時に出発し、定刻だと朝7時に到着する列車が恒常的に昼前後の到着との事。滝の観光を終えて、近くの駅に向かいました。


10-1
ケープタウンからの距離なんか表示されていますが、定期列車はブラワヨからのみ。年に数回、クルーズ・トレインが訪れるようです。


10-2
昼過ぎ、5時間以上おくれて、451Kmはなれたブラワヨからの夜行列車が到着です。


10-3
編成は2等座席車と1等寝台車の2クラス制。


10-8
車内に電灯などの設備はなく(あっても稼動しない)、かなり危険な旅のようです。


10-4
どんなものが食べられるのか興味がある食堂車。となりにはバー・カウンターのあるラウンジ・カーもあるようです。


10-5
2名1室の1等寝台車。スピードを出すと解体しそうな骨董品ですね。


10-6
車両とは違って、立派なジンバブエ国鉄のマークです。


10-9
最後部の荷物車。


10-7
時間がたっぷりあるような自由な旅なら、乗ってみたいジンバブエ国鉄の夜行列車です。

関連記事
  1. 2016/07/22(金) 09:07:19|
  2. 南部アフリカで乗り物三昧の旅
  3. | コメント:0
<<9:地上からヴィクトリア・フォールズ~南部アフリカで乗り物三昧の旅 | ホーム | 11:象の背に揺られて~南部アフリカで乗り物三昧の旅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (222)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (203)
越後線・弥彦線 (72)
民鉄・三セク (20)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (11)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (27)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (122)
木次線 (4)
山陰本線 (30)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
アンデス中央鉄道とペルー鉄道の旅 (34)
過去のトップページ (8)
英国と中東で乗り物三昧の旅 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数