QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

38:丸の内線の赤い電車(+名古屋・東山線の黄色い電車)~アルゼンチンの鉄道-38

自分の両親の実家は両方とも”丸の内線”の”茗荷谷駅”の近く。子供の頃は”丸の内線”といえば、赤い電車。
ちょうど”茗荷谷駅”のあたりは地下鉄ながら地上部分を走行することが多く、また、近くには車庫もあり、祖母・祖父の家に行くと、従兄弟たちと電車を見に行ったものだった。
ブエノスアイレス滞在中に時間を見つけて、この電車に再会してきた。地下鉄B号線 L.N.Alem~Los Incas間を走っている。


38-05
始発駅は、まさに、往年の”池袋駅”の再現。反対側のホームに電車が入ると、停車中だった電車が出発。よく、池袋のデパートに買い物に行った際、見かけた光景。


38-08
海外の列車は車体に落書きされていることが多く、数本待ってようやく”きれい”?な顔が撮れた。まぁ、見ておわかりのように、メンテされている気配はないね。前面方向幕は使用されていなくて行き先のシールが貼られているが、よく見ると「新中野」の幕が透けて見える。(写真ではわかりづらくごめん。)


38-02
車内はご覧のとおり、丸の内線時代のまま・・・・。


38-04
日本語表示もそのまま。


38-03
かつて、走行中に集電している第三軌条が途切れる分岐部分などで室内灯が消えたときに点灯した補助灯(正式名称不明)もそのまま残っている。


38-06
天井のファンデリアの中央には・・・・


38-07
懐かしい”営団地下鉄”のSマークが・・・・。涙が出そう・・・・。


38-01
ブエノスアイレスの地下鉄もSから始まる”スブテ”と呼ばれている。市内中心部のL.N.Alem駅が始発駅。


38-09
別の路線では、元・名古屋地下鉄・東山線の車両も元気に走っていた。

両方の車両とも、いつまでも、元気に走っていてほしいものだね。
関連記事
  1. 2016/09/17(土) 06:09:13|
  2. アルゼンチンの鉄道
  3. | コメント:0
<<37:サルタからブエノスアイレスへ~アルゼンチンの鉄道-37 | ホーム | 39:エスタンシア(農場)へ~アルゼンチンの鉄道-39>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (222)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (202)
越後線・弥彦線 (72)
民鉄・三セク (18)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (11)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (27)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (122)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
過去のトップページ (7)
山陰本線 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数