QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

48:世界の果ての鉄道-1 世界の果ての駅~アルゼンチンの鉄道-48

アルゼンチンの鉄道、最後は世界の果ての鉄道、その名も「世界の果て号」。
何をもって世界の果てとなるのか?・・・。世界には秘境と言われる場所は各地にあるし、そのあたりに鉄道が走っていることもある。しかし、どうやら緯度の高い場所をもって、”世界の果て”となるようだ。

南米の最先端、最南部、パタゴニア地方。「ここは地の果て、パタゴニア」などと言われているが、どうやら、その地に世界の果ての鉄道があるようだ。
パタゴニアには、他にも、乗ってみたい鉄道があるが、「世界の果て号」に乗って来い、と言われれば行くしかない。

と言う訳で、ようやく「世界の果て号」乗車となった。


48-01
TREN DEL FIN DEL MUNDO・・・直訳すると、世界の果ての列車・・・。


48-02
ウシュアイアでは定番の観光地だね。ほとんどの乗客は片道だけ乗車して国立公園内の終着駅で待ち構えているバスに乗り換え、公園内を観光する。
当初は、自分も、そのような予定をオファーされたが、どうしても往復乗車したいとダダこねて、わがままをきいてもらった。


48-03
これが、その世界の果ての駅。地図を見ると、終着の到達地点のほうが南のような気もしないでもないが、終着地点には駅はなく、乗客は降りるだけ。


48-04
世界各国の国旗が下がる駅舎内。日本の国旗はないが、日本語のパンフレットはあった。もちろんここでも、東洋人と言えば、たくさんお金を落とす”中国人”と”韓国人”が最大のお客様。五星紅旗、あるでしょ・・・。

関連記事
  1. 2016/09/17(土) 05:59:48|
  2. アルゼンチンの鉄道
  3. | コメント:0
<<47:ウシュアイアのホテルで朝食~アルゼンチンの鉄道-47 | ホーム | 49:世界の果ての鉄道-2 世界の果て号、乗車へ~アルゼンチンの鉄道-49>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (210)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (191)
越後線・弥彦線 (64)
民鉄・三セク (17)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (10)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (22)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (106)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
過去のトップページ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数