QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

50 ガラパゴス・レジェンド号に乗船

ガラパゴス諸島では、客船に乗り、クルーズを楽しみます。このブログでは鉄道と航空機ばかり登場していましたが、客船による船旅も大好きで、今までに合計250日以上の船旅をしています。
今回は、自分にとっても初めての経験となるタイプの船旅です。それは、今まで経験したこともないような小型客船による船旅であること。そして、エクスペディション・タイプ(探検型)のクルーズとなることです。


_MG_4962.jpg
空港に到着すると、今回乗船する”ガラパゴス・レジェンド号”のスタッフが出迎えてくれます。


_MG_4964.jpg
通常のクルーズでは、出発地や到着地は大きい港なのですが、ここガラパゴスでは、いきなり”テンダー・ボート”による乗船です。しかも、ゴムボートを大きくしたような”ゾディアック”です。その後、このボートのここでの呼び名は、”ディンギー”と言う事もわかりました。


_MG_4972.jpg
岸辺からは小さく見えた船も、やがてファインダーいっぱいになります。この船がこれから乗船する”ガラパゴス・レジェンド号”です。


_MG_4973.jpg
乗客は、この乗船口から、波のうねりに合わせて、ひょい・・・と飛び乗るように乗船します。


_MG_4984.jpg
ここが5日間過ごす事になる自分のキャビンです。今回は”スタンダード・プラス”のキャビンを予約していましたが、”ジュニア・スイート”にアップグレードされていました。キャビンにはクローゼットやトイレ・シャワールームを備えたバス・ルームがあります。


_MG_4982.jpg
窓側からキャビンを見ると・・・こんな感じですね。中央奥がバスルームです。キャビンのドアの右側はクローゼットです。


_MG_5252.jpg
洗面台、トイレ、シャワーがコンパクトに並んでいます。


_MG_5256.jpg
短期間のクルーズには十分な大きさのクローゼットです。スニーカーが無造作に置いてありますが、船が揺れているので、扉が勝手に動かないように、押さえています。さすがに小さい船だけあって、、揺れていますね~~。
関連記事
  1. 2017/03/22(水) 15:40:22|
  2. エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅
  3. | コメント:0
<<49 グアヤキルからさらに西へ・・・ | ホーム | 51 クルーズ初日のランチ・タイム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (204)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (79)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (62)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (155)
越後線・弥彦線 (57)
民鉄・三セク (15)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (6)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (12)
伊豆急行 (3)
中央西線 (22)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (106)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
過去のトップページ (3)
欧州撮り鉄の旅 (23)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数