QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

57 イザベラ島の溶岩地帯へ

第2日目、午前中のアクティビティーは、イザベラ島の溶岩地帯と、その周辺海域の動植物の見学です。


_MG_5073.jpg
このクルーズでは、基本的に港に接岸する事はなく、通船(ディンギー)で陸との間を往復します。船の出入り口はガングウェーと呼ばれており、ここに乗客のチェック・リストが張り出されています。


_MG_5074.jpg
各乗客は、船から戻ってきたら、各アクティビティーごとに、帰船チェックを行います。また、自由参加のディープ・ウォーター・シュノーケリングなどは、参加申し込みのサインをします。
通常のクルーズと大きく異なるのは、これらのプログラムが基本的に追加料金なしで参加出来ることです。ガラパゴス諸島の場合、規則で、公認のナチュラリスト・ガイドの同行なしでの上陸は認められていないので、アクティビティー参加が原則です。このため、参加しないで、船内に残る乗客は、このチェック・リストにOB、(On Board)と記入することが求められています。


_MG_5085.jpg
波のうねりに合わせてディンギーに乗り移る、おなじみの光景です。海に落ちないように
緊張の一瞬でもあります。


_MG_5089.jpg
通船での下船は自分の船の全景が眺められる絶好のチャンスです。


_MG_5099.jpg
このあたりは、モレノ・ポイントと呼ばれている地区で、イザベラ島の火山の噴火により流れ出した溶が固まって出来た土地です。


_MG_5096.jpg
足下の岩は、どれも溶岩が固まっているので、非常に軽いです。


_MG_5103_20170323080401b73.jpg
養分が少ない上、乾期には水分も地中にないので、サボテンのような植物がところろどころ生えています。


_MG_5100.jpg
そのサボテンでさえ、鳥などのエサになってしまい、生きていくのは、なかなか困難ですね。


_MG_5110.jpg
サボテンが質素な花を咲かせています。


_MG_5105.jpg
この日は雲が多く、島の火山ははっきり見えませんでした。


_MG_5109.jpg
わずかに植物が群生しているところには、フラミンゴが翼を休めていました。
関連記事
  1. 2017/03/22(水) 14:30:56|
  2. エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅
  3. | コメント:0
<<56 ブエナスタルデス!デザユーノです。 | ホーム | 58 モレノ・ポイントの岸辺にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (204)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (79)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (62)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (155)
越後線・弥彦線 (57)
民鉄・三セク (15)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (6)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (12)
伊豆急行 (3)
中央西線 (22)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (106)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
過去のトップページ (3)
欧州撮り鉄の旅 (41)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数