QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

5/30:かつて乗った1980年代の氷河特急:欧州撮り鉄の旅-22

かつて子供の頃に乗った”氷河特急”・・・いや当時は”氷河急行”と呼んでいたが・・・・の様子を。1980年代だね。
リバーサルを簡易的にスキャナーしたんで、画質はご容赦を・・・。


RhB051.jpg
SBB・CFF・FFS=スイス連邦鉄道との接続駅、グラウビュンデン州の中心都市クールの駅。この機関車は本線であるアルブーラ線用のF級電気機関車。まだ原色だね。


greece265 (2)
自分が乗るのは”氷河急行”のツェルマット行。


RhB028.jpg
この時代は基本的にレーティッシュ鉄道の機関車や客車は深緑色。赤い客車はFO=フルカ・オーバーアルプ鉄道の客車。”氷河急行”は3社相互直通乗り入れで、数両の客車がクール~ツェルマットを直通する。直通列車というより定期列車に繋がれていく直通客車だね。


RhB026.jpg
客車も今のように専用のものでなく、各社の一般客車が使われていた。サボ(側面の行き先表示板)も簡単なもの。


RhB025.jpg
それでも、3社直通客車用のRhBの車輌には窓側のテーブルにこのようなイラストが・・・。RhBは基本的に粘着運転なので"氷河急行”用の客車はアプト式対応の特別車輌だ。


RhB030.jpg
クールを出てすぐ、ライヒナウに停車。ここでサンモリッツ発の客車を連結する。


RhB031.jpg
サンモリッツ発の客車の貫通路にカメラを持ったテッちゃんが・・・。


RhB033.jpg
ディゼンティスに向けて渓谷沿いを走るRhBの急行。あくまでもRhBの急行に数両のツェルマットへの直通客車が連結されているに過ぎない。


RhB036.jpg
やがてレーティッシュ鉄道=RhBとフルカ・オーバーアルプ鉄道=FOの接続駅 ディゼンティスに到着。深緑色のRhBの客車はここまでで、この先のラックレール区間には乗り入れられない。最後部の赤い客車は食堂車。


RhB038.jpg
当時から”氷河急行”の旅には食堂車での昼食が欠かせなかった。


RhB039.jpg
まずは、野菜スープとフレッシュ・サラダ。未成年だけど(もう時効だよね)・・・この傾いたワイングラスで飲みたくって・・・スイスの白ワインをオーダー。大人になってワイン業界で仕事をするなんて思いもよらない子供時代なんで、料理に関係なくフレッシュな白を選択。今なら”赤”だね。


RhB040.jpg
メインは”ピカタ・ミラネーズ”(ミラノ風仔牛のカツレツ)と”トマトソースのスパゲッティー”。何となく日本人にも馴染みある料理だよね。


RhB041.jpg
デザートの選択はなく、スイスのチーズが食後にサーブ。この時代、ローカルの急行食堂車なんかでは、スイーツがなくチーズしか食後に食べられない(食事料金に含まれている・・・)列車が多かったような・・・。


RhB042.jpg
反対側には英語をしゃべる4人連れが・・・。


RhB043.jpg
これは食堂長・・・メーテル・ド・オテル氏による食後酒のパフォーマンス。写真よりもっと高い位置から小さいグラスに食後酒を注いでくれる。向かいのアメリカ人の観光客は写真を撮りたくって、次々注文。連られて子供の自分も注文!食後酒は洋梨の蒸留酒 ポワール・ウイリアムス ブランディー並みのアルコール度数に、怖くで飲み込めず、舌の上を転がすばかり・・・ただ大人になってこの飲み方でよかったとわかった。


RhB046.jpg
自分が”氷河急行”に毎夏乗りに行ってた頃は、すでにフルカ峠は新線の長大トンネルに切り替わっていた。旧フルカ峠越えが蒸気機関車で復活したのはもっとあとだね。


RhB044.jpg
オーバーアルプ湖のほとりの駅でローカル列車と交換。この時は車窓からの撮影。沿線で撮り鉄したかったね。


RhB045.jpg
アンダーマットへの下り。この時代はアンダーマットで西行きと東行きの”氷河急行”が交換。食堂車もアンダーマットで切り離され東行きに連結され、再度昼食営業を行っていた。


RhB047.jpg
ブリークからはブリーク・ヴィスプ・ツェルマット鉄道=BVZに入り、最後の登りにかかる。


RhB049.jpg
マッター谷を遡ると・・・


RhB050.jpg
ツェルマットに到着。当時のツェルマット駅は 晴れていればマッターホルンの頂上が見えたんだよね・・・。
関連記事
  1. 2017/06/01(木) 22:10:03|
  2. 欧州撮り鉄の旅
  3. | コメント:0
<<5/30:氷河特急追っかけ・・・レーティッシュ鉄道へ:欧州撮り鉄の旅-21 | ホーム | 5/31:今日から本格的なレーティッシュ鉄道の撮影:欧州撮り鉄の旅-23>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (210)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (191)
越後線・弥彦線 (64)
民鉄・三セク (17)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (10)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (22)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (106)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
過去のトップページ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数