QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

6/3:ラントワッサー橋のお立ち台~橋の真下:欧州撮り鉄の旅-50

さて、この日は、まずラントワッサー橋の真下へ向かった。


P1040634_20170704165744434.jpg
ここはフィリズール駅の案内標識では徒歩40~45分となっているが、車だと橋の真下までアクセス出来る。国道から橋への未舗装道の入口に大きな駐車場があり、シーズン中の混雑期にはこちらに停める事になるが、この時期は地元の親子連れが車で橋の真下まできて魚釣りをするなど、数台の車が停まっていた。機材の重い自分にはありがたい。ここにはBBQ用の石窯があるなど、観光客向けの設備もある。


5D3_5387.jpg
カマ牽引の急行列車がラントワッサー橋を渡る。


5D3_5388.jpg
一般型客車の急行列車だね。


7D2_8650.jpg
この場所もフィリズールで北行きと南行きの交換があるので、反対向きの急行がすぐやってくる。こちらは新型電車牽引だね。


7D2_8657.jpg
おっと、最後部にプルマンカーと食堂車が・・・プルマンカーは定員24名(サロンシート12名・ダイニングシート12名)のA1161号、1929年製だ。


7D2_8659.jpg
この列車には時刻表上では食堂車の連結はない(冬ダイヤでは連結あり)ので、イレギュラー運行かな?


5D3_5419.jpg
曇ってきて残念!1本目のサンモリッツ行”氷河特急”が通過。


5D3_5404.jpg
そしてカマ牽引の急行列車が通過。機関車は”氷河への旅”の特別塗装。そして機関車の次には・・・プルマンカー。


7D2_8677.jpg
1931年に造られた旧ワゴンリーのプルマンカー。現在は”アルペン・クラッシック・プルマン・エクスプレス”のロゴが書かれている。定員は32名。


関連記事
  1. 2017/06/01(木) 20:03:23|
  2. 欧州撮り鉄の旅
  3. | コメント:0
<<6/3:ラントワッサー橋のお立ち台~南展望台:欧州撮り鉄の旅-49 | ホーム | 6/3:ラントワッサー橋のお立ち台~北展望台:欧州撮り鉄の旅-49>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (210)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (191)
越後線・弥彦線 (64)
民鉄・三セク (17)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (10)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (22)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (106)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
過去のトップページ (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数