QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

6/6:天気よくないけど・・・登山電車で・・・:欧州撮り鉄の旅-63

翌日、どうも午後から天気が更に崩れる・・・っていうので朝から登山電車でゴルナーグラートへ登ることにした。


7D2_9017.jpg
この電車で展望台へ向かう。


7D2_8933.jpg
ゴルナーグラート鉄道だね。


7D2_8934.jpg
三相交流なんでパンタが2つある。


7D2_8937.jpg
進行方向右側に山が見えるんで左側の席が空いている。天気がよければ1本待っても右側に座りたい。


7D2_8943.jpg
発車するとツェルマットの街を右手にみながら勾配を登って行く。


7D2_8946.jpg
で、その山なんだけど・・・雲の中。ここにマッターホルンが見えるんだよね。


7D2_8948.jpg
マッターホルンの右側の山々は見えそうなんだけど・・・


7D2_8959.jpg
高度を上げていくと・・・やはり雲が多いなぁ・・・。



7D2_8964.jpg
なかなか見えないね。


7D2_9002.jpg
やがてゴルナーグラートに到着。


7D2_8985.jpg
観光客は東洋人がほとんど。昔は日本人ばっかりだったけど・・・今は中国人と韓国人ばかり・・・。


7D2_9004.jpg
おっと子供の頃に乗った電車の顔だ。


7D2_8987.jpg
今は荷物電車二回増されて余生を送っているんだね。


5D3_5663.jpg
マッターホルン(4478m)は雲の中・・・。この山は岩場のトレーニングを積まないと登れない。


7D2_8969.jpg
マッターホルンの左には、クライン・マッターホルン(3883m)の尖った岩峰と雪のドームのブライトホルン(4164m)が見える。ブライトホルンはこのあたりの山々を登る登山家の高度順応訓練としておなじみの山。自分も、登山をしていた頃は、ツェルマットではまずこの山に登った。今回も天気がよければ登ろうと目論んでいたが・・・。


7D2_8974.jpg
そしてリスカム(4527m)。ブライトホルンから縦走できるんで、このあたりは昔歩いた(登った)。


7D2_8983.jpg
その左にはモンテローザそびえる。よ~く見ると中腹には池があり、その近くにモンテローザの登山基地”モンテローザ・ヒュッテ”がある。モンテローザの最高峰はデュフォールシュピッツ(4634m)、ノルトエンド(4609m)も人気のピーク。このあたりは登頂を断念したところだなぁ・・・。


5D3_5655.jpg
マッターホルンの右側には秀峰4座がそびえているんだけど・・・クリアなのはこの”オーバーガーベルホルン”(4063m)だけ。


関連記事
  1. 2017/06/01(木) 19:12:22|
  2. 欧州撮り鉄の旅
  3. | コメント:0
<<6/5:フルカ峠のカートレイン:欧州撮り鉄の旅-62 | ホーム | 6/6:かつて毎夏訪れたツェルマット:欧州撮り鉄の旅-64>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (222)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (203)
越後線・弥彦線 (72)
民鉄・三セク (20)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (11)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (27)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (122)
木次線 (4)
山陰本線 (30)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
アンデス中央鉄道とペルー鉄道の旅 (34)
過去のトップページ (8)
英国と中東で乗り物三昧の旅 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数