QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

6/6:かつて毎夏訪れたツェルマット:欧州撮り鉄の旅-64

今回のツェルマット訪問は、残念ながら天気が悪く、山に登れないばかりか、山は見えず。
撮り鉄と同じで、山と天気は切っても切れない仲なんだよね。まぁ、悪天候だと命にもかかわるし・・・


Zermatt016.jpg
宿泊していたホテルのテラスから・・・。こんなに天気のいい日は通常山に登っているんで、これはツェルマットを発つ日なんだね。快晴なのに残念ながら山をあとにせねばならいのはホントつらい・・・。


Zermatt001.jpg
この日はふもとに晴れ間はあるものの山に雲がかかっている。こういう日はおとなしくしていた。山へ登るために途中まで乗る登山電車やロープウェーは非常に高いんで、ギャンブルは出来ない。日中のツェルマットでは山岳博物館や有名な登山家やガイドの墓のある中央墓地なんかを観てまわるくらいだね。”スイスパス”の有効期間なら無料で乗れる交通機関を使って移動できるけど・・・。


Zermatt013.jpg
山の天気は午後になると雲が沸き、午後遅くには夕立になる事も多い。だから午後は早めに下る。乗ってる電車の前を見ると・・・旧型電車を改造した事業用電車が・・・。日本式に言うなら”クモル”が無蓋貨車ろ牽いている”工臨”だね。


Zermatt009.jpg
ゴルナグラートのひとつ手前のロ-テンボ-デン駅から目の前の氷河におりて”マッターホルン”を撮影。一番上のツェルマットから見た姿と違うね。


Zermatt002.jpg
明日は”モンテローザ”へ登るという日、午後早いうちに”モンテローザ・ヒュッテ”に。左に”マッターホルン”、中央に”ダン・ブランシュ”(4357m)、右には今回も見えた”オーバーガーベルホルン”。


Zermatt003.jpg
こちらは”モンテローザ”を断念して途中から下ってきた時しばし休憩・昼食した”モンテローザ・ヒュッテ”。昼過ぎには、山から下りてきた登山客と、明日の登攀のために前日泊する登山客で賑わう。


Zermatt010.jpg
ヒュッテ近くの池にその姿を写す”ダン・ブランシュ”(左)と”オーバーガーベルホルン”(右)。


Zermatt011.jpg
同じ2峰をもう少し高度を上げて・・・・こういう写真は山から下りてくるときに撮影する。登りのときはそんな余裕はないね。


Zermatt012.jpg
こちらは今回まったく見えなかった”チナールロートホルン”(左 4221m)と”ワイスホルン”(右 4505m)。中央にならんで見えるピークは前にそびえる山で標高は低い。


Zermatt004.jpg
このパーティーは人数や装備から雪や氷の登攀訓練かな?ツェルマットやシャモニーなどの山岳リゾートでは、いくつものトレーニングプランが用意されていて、個人でも気軽に参加できる。もっとも日本語対応となると・・・数も限られ値段も高くなる。


Zermatt005.jpg
もちろん下山中でないとカメラ出して写真撮る気にならないね。ちょっと崩れやすいベルク・シュルントを通過しているパーティーを・・・。


Zermatt006.jpg
そうは見えないけど・・・結構急な斜面なんだよね。アンザイレンしないと危険だけど、岩場でないんで相互に確保はしないコンティニュアスで登る。


Zermatt019.jpg
歩いている場所は雪の積もった尾根。これは”ブライトホルン”から”リスカム”への縦走路。怖いのは雪が張り出していて、体重かけると底が抜ける”雪庇”。


Zermatt008.jpg
標高の同じような山の頂上から”マッターホルン”を眺める。上空は黒い。



Zermatt017.jpg
標高が4500m近くなると・・・”オーバーガーベルホルン”、”チナールロートホルン”、”ワイスホルン”・・・秀峰3座が同じ高さに。


Zermatt020_20170706141036394.jpg
さぁ、頂上でしばし眺望を楽しんだら・・・あとは一気に下る。


Zermatt021.jpg
斜面もゆるやか、そろそろザイルをはずすかな?


Zermatt014.jpg
ツェルマットの夕暮れ・・・。


Zermatt015.jpg
そして”マッターホルン”の頂上に月が昇る。

関連記事
  1. 2017/06/01(木) 19:10:55|
  2. 欧州撮り鉄の旅
  3. | コメント:0
<<6/6:天気よくないけど・・・登山電車で・・・:欧州撮り鉄の旅-63 | ホーム | 6/8:帰国のためフランクフルト空港へ:欧州撮り鉄の旅-65>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (210)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (200)
越後線・弥彦線 (70)
民鉄・三セク (18)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (11)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (27)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (106)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
過去のトップページ (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数