QLOOKアクセス解析

連邦鉄道の撮影記録

某ブログから移行しました。よろしくです。

28 サファリしながらナイロビへ

残念ながら、今回の旅の目的が一応「乗り鉄」なので、アンボセリ国立公園には1泊だけして、ナイロビに戻らねばなりません。
早朝のように活発な動物の動きはないものの、サファリしながら国立公園内を通り、ナイロビへ戻ります。


282
途中、キリンの親子に遭遇。


281
鳥類も被写体です。バックにはシマウマが・・・。

世界三大危険都市のひとつ”ナイロビ”に戻ってきました。
途中で、昼食時間となり、「ローカルな食べ物」を食べたいとリクエストすると、雑居ビルのような建物の4階の食堂へ・・・・。


283
このお皿いっぱいに盛り付けて邦貨200円くらい。いろいろ食べ物が並んでいるビュッフェからほしい物を食堂のスタッフにリクエストしますが、現地語のわからない自分はガイドと相談して・・・
「生もの(生野菜など)」は怖いので、遠慮しました。デザート代わりに選んだバナナのから揚げが中央に(笑)。
まわりを見るとネクタイをしたビジネスマンが入っているので、それなりの食堂ですかね。
ガイドは食事に同行した(そうでないと、言葉がわからない。)のですが、ドライバーは車を守るためにワゴン車に留まっています。彼にも昼食代を・・・とガイドに言うと1ドルでいいと・・・。
缶コーラを飲んで2人分で5ドル。これをガイドに渡し、彼が現地通貨でスタッフに支払いました。

今夜、いよいよ、初の「東アフリカ」乗り鉄ですが、その間、ナイロビの街の簡単な観光をしました。


284この1枚からは、ナイロビは、高層建築も建ち並ぶ、美しい高原都市。手前には公園もあり、豊かなイメージですが、途中、通ったところはかなりスラム化した地域でした、というか、ほとんどがそのような姿。
ワゴン車のドアのロックを確認し、窓は絶対開けないように、また、カメラでの撮影もダメ、と言うかカメラが外から見えないように・・・・、とガイドに言われました。
これがナイロビの現実ですね。
関連記事
  1. 2016/07/15(金) 14:56:14|
  2. 東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅
  3. | コメント:0
<<27 人間も朝ごはん | ホーム | 29 ナイロビ駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

連邦鉄道

Author:連邦鉄道
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

Top (1)
未分類 (0)
E233-5000 (33)
209-500 (37)
特別なトワイライト エクスプレス (18)
宗谷本線 (56)
石北本線 (63)
釧網本線 (8)
北海道の寝台特急 (22)
津軽海峡線(本州側)・津軽線 (15)
五能線 (222)
男鹿線 (5)
羽越・奥羽本線 (22)
東北本線と周辺線区 (4)
磐越西線 (55)
只見線 (81)
高崎線 (2)
上越線と周辺線区 (50)
吾妻線 (24)
両毛線 (13)
信越本線と周辺線区 (202)
越後線・弥彦線 (72)
民鉄・三セク (20)
ヤテサハ配給 (2)
鹿島貨物 (11)
外房線・東金線 (19)
内房線 (7)
総武本線・成田線 (1)
中央東線・大糸線 (15)
篠ノ井線 (17)
伊豆急行 (3)
中央西線 (27)
紀勢本線(JR東海)・参宮線 (19)
北陸本線 (2)
伯備線 (122)
木次線 (4)
成田空港 (3)
アメリカ東部 乗り鉄の旅 (82)
カナダ大陸横断鉄道の旅 (46)
東アフリカ 乗り鉄[+空]の旅 (92)
南部アフリカで乗り物三昧の旅 (47)
アルゼンチンの鉄道 (68)
激寒のシベリア横断鉄道 (48)
エクアドル・ベネズエラ 乗り物三昧の旅 (90)
欧州撮り鉄の旅 (69)
過去のトップページ (7)
山陰本線 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

2014.8.25からの訪問者数